自分でできる性病の対処法

性病の対処法を説明する医師 病気になったときには病院に行って診察を行ってもらうというのが主流ですが、それが性病の場合だとなかなか病院に行くことが恥ずかしくてできません。
特にクラミジア感染症などの場合には、病院に行くのが恥ずかしいので、誰にも知られずに治療をしたいと多くの人が考えています。
クラミジア感染症などの性病の治療には、病院に行くと言うことが一番なのですが、自宅で治すという方法がないかと考えてしまいます。
自宅で性病を治す方法とは、まずはクラミジアの検査は自分で簡単にできるものが市販されています。
したがってこれを使えば誰にも知られることなくクラミジア感染症の確認をすることができます。
そして治療に関しては、薬を使用しなければいけません。
しかしこの時にクラミジア感染症の薬を買えば、誰でも治ると言うことではないので注意します。
したがって自分で性病を治す方法としては基本的にはここまでということになります。
ここから先は医師の診察を受けた上で処方箋を基に薬を使用すると言うことになります。
クラミジア感染症の薬は、ジスロマックアジスロマイシンというものが主流です。
これらの薬は服用してから1週間から2週間で完治できるようになっています。
また最近では1日で治療ができると言う薬の開発されています。
ジスロマックは、性器のクラミジアの治療薬としてはとても手軽で副作用が少ないと言うことで安全性が高くなっています。
また高い除菌効果があるともされています。
またジスロマックに関しては、1回服用することによってその効果が1週間程度維持すると言うことから、毎日服用する必要がないのです。
このようにクラミジア感染症は、薬の服用をしっかりと行えばすぐに治療が可能です。
怖がらずに病院に行くようにしてください。

性行為で発生する感染症

ウイルス 性行為で感染する感染症はいくつもあります。HIV、淋病、梅毒、トリコモナス症、性器ヘルペス、クラミジアなど沢山あります。
これらの病気は性行為以外の方法でも感染しますが、性行為が主な感染経路になっています。
これまで、性病の感染場所は性器とその周辺が主でした。性行為が主に性器と性器の接触が主流だったからです。しかし、フェラチオやクンニなどのオーラルセックスなど、性器と性器以外の部位の接触も一般的になりました。
そのため、淋菌や性器ヘルペスウイルス、クラミジアなどによる咽頭感染も見られるようになりました。
主な感染ルートには性風俗が関わっていることがこれまでは多かったです。性病のことを昔は花柳病などとも言いました。
花柳とは芸者や遊女、遊郭などの遊里を指す言葉です。その世界とそこに出入りする人が感染する病気と言う意味で花柳病と言われていました。
しかし、最近ではそういったところとは関わりのない若い女性などにも感染が拡大し問題になっています。梅毒などの拡大は、女性の場合、不妊の原因にもなります。
また、性病には女性に症状が出やすいが男性は症状が出にくいもの、逆に男性は激痛が走るのに女性はあまり自覚症状がないものなど同じ病気でも性別によって症状が異なります。
そのため、知らず知らずのうちに別の人に感染させてしまったりすることがしばしばあります。性行為で感染する感染症は、一度感染して治療したとしても、何度でも再感染します。そのため、感染する度に治療しなければなりません。
また、特定の病気との組み合わせがあったり、放置すると最終的に命を落とす病気もあります。そのため、性行為で感染する感染症は侮れないのです。

 性器の匂いに異変を感じたら薬を試してみて

性器の匂いに異変を感じ、性病と思われる方もいるかもしれませんが必ずしもそうではありません。
男性の場合であれば、恥垢、尿、精液などの匂いが原因で臭いと感じることもあります。女性の場合、匂いの原因はおりものであると言われています。
また、アポクリン腺が臭い原因となることもあります。男女ともに、性病でなくても性器が臭いと感じることがあるので、臭いと性病を結びつけるのは少し短絡的かもしれません。
性病によって臭いが生じるのも事実ですが、性病でも臭いが生じない場合もあるので一概に匂いでは判断できないと言えます。しかし、性器の匂いは一つのバロメーターになりもします。
例えば、性器や膀胱などに違和感を感じたとき、化膿や炎症などで排泄物の匂いがいつもと違う可能性もあります。そういった違和感を感じた場合すぐに病院へ行くことをお勧めします。
ただ、場所が場所なだけに病院に行くのが恥ずかしいと躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、放置してしまうとそれが性感染症であった場合大変危険です。
女性の場合であれば、卵管炎になり、結果的に不妊症になる可能性もあります。ここで一つ抑えておきたいのが、病院に行った場合処方されるのが抗生物質であるということです。
性感染症は細菌による感染が多く、その病気によって処方されるものはそれぞれの細菌に相性のいい抗生物質ということになります。では、そのような抗生物質は個人では手に入らないかと言えばネットで買うことができます
ジスロマックという薬は、多くの性感染症の細菌に対して有効とされており、アメリカからの輸入品が多く出回っており合法に入手することが可能です。
まずはジスロマックを試してみるというのも一つの手かもしれません。