クラミジアへの意識が高い川崎市での治療活動

川崎市では市の広報誌などを使って保健所で行っているクラミジア感染症などの無料相談などの宣伝をしていますが、感染者のほとんどが若い女性なので、自治体が行う検査などには興味を示さないのが現状ですが、川崎市の繁華街などではクラミジア感染症に感染している女性の数が増加しているので、定期的な検査を行うことでクラミジア感染症を減らしたり、性病に対する意識を高めるための広報活動が行われています。神奈川県では川崎市や横浜市に繁華街が集中しているので風俗店で働く女性のクラミジアに関するカウンセリングや病院の紹介などを行っているのですが、クラミジアの初期症状はわかりにくいので生理と間違えるなどして放置してしまうことがあります。クラミジアに感染をしていると他の性感染症にもかかりやすくなるので注意をしないとHIVなどに感染をしてしまうこともあります。クラミジアは粘膜に直接触れることで感染するのですが、HIVの場合は血液や体液で感染が起こります。クラミジアに感染していると直腸などにも細菌感染による炎症が起きるので血液感染が起こりやすくなります。またクラミジアはセックスをしていない人でも細菌性結膜炎になる可能性があるので、不特定多数のパートナーとセックスをしている女性や、性感染症の疑いがある人は定期的に検査を受けることでクラミジア感染症を減らすことができます。インターネットで購入できる性病検査キットでも抗体の有無を検査することができますが、血液を調べることでより正確な結果を知ることができるので、性病科などを受診して精度の高い抗体検査などを受けることが重要です。また他の性感染症にかかっている可能性が高いので、同時にHIVや梅毒などの検査を行うと感染症に対する不安が少なくなります。

おすすめ記事