クラミジアやウイルスにジスロマックが効果あり

気付かないうちに感染して悪さをしてしまう、ウイルスやクラミジア。特にクラミジアは自覚症状がないことも多く、不妊の原因になることもある怖い感染症です。クラミジアの治療には、血中の成分濃度を高めることで原因菌を一気に死滅させることが重要であり、それを可能にしてくれるのがジスロマックと言われています。

ジスロマックとは、ファイザー製薬から販売されている抗生物質であり、クラミジアや歯周病の治療薬として処方されることが多い薬です。マクロライド系の抗生物質ではあるのですが、従来品に比べて短期間での治療が可能であり、1回服用することで7日間効果が持続するという特徴があります。効果が持続してくれることもそうですが、1回の服用だけで済むというのは患者にとって負担が軽減されます。

クラミジアの治療は完璧に直すまでに通常1か月程度かかると言われていますが、ジスロマックを使用することで1週間程度で治療ができます。治療を終えて、3週~4週間後に再検査をし陰性であれば完治となります。ジスロマックを服用することで治療は完了していると考えることができますが、その後にしっかり検査をすることが大切です。ジスロマックを服用することで下痢が発生してしまうことがあります。下痢を避けたいという場合には、半量を3日に分けて服用する方法もあるようです。

クラミジアは男女によって症状の出方が違います。そして気付かないうちにパートナーに感染させてしまっていることが多いので、疑わしい場合はしっかり検査をするようにしましょう。放っておくことで、エイズや淋病に感染するリスクを高めてしまいます。かゆみや痛みなどが持続する場合には放っておかずに検査をしましょう。

おすすめ記事