治らない性病は存在するのか

治らない性病は存在するのかと言うと、答えは存在します。
有名な性感染症はHIVと性器ヘルペスです。
まずHIVですが、特効薬がありません。未だに治らない病です。ただし、HIVの感染からAIDSの発症を抑えることは可能です。完全には治りません。
HIV、ヒト免疫不全ウイルスに感染することで、免疫機能を阻害されていき、抵抗力をなくしていくことで、後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症するものです。
ただし、未治療の状態でも感染から発症までは、数年から10年前後かかります。
もう1つは性器ヘルペスです。
これは1度感染すると、ウイルスが神経節に潜伏してしまい、潜伏したウイルスは駆除が出来ないために、完治出来ません。
しかしウイルスはいますが、抑えることが出来れば、特に命に関わるわけではありません。
免疫力が落ちてしまっていると、ウイルスを抑えておけなくなり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスを、再発させるようになり、口内炎のような物が、疲れやすいと性器や口に出来るようになります。
抑え続けることが出来れば、発症もしないですし、治療をして抵抗力などがあれば、元に戻ります。
というわけで、治らない性病は存在するのかと言えば、存在します。

おすすめ記事