病原菌によるクラミジアとカンジダ症の違いについて

女性ならば誰でも経験したことのあるデリケートゾーンのかゆみ。でも、我慢できないほどのかゆみがあるならば、それはカンジダ症かもしれません。
カンジダ症は、カンジダ菌というカビ菌が原因で発症します。実はこれ、女性ならば誰もが持っている常在菌なのです。そのため、ストレスが溜まってきたな、疲れたなと一時的な体調不良でも症状が現れる場合があります。女性特有の、誰でもなる可能性のある病気なのです。カッテージチーズのような粘度の高い白いおりものが出てきたり、性交痛や排尿痛、不正出血を伴う場合もあります。そのような症状があるならば、恥ずかしがらずに一度婦人科を受診して、つらい痛みやかゆみから解放されましょう。
そして、おりものが変化する病気には、他にクラミジアが挙げられます。クラミジアとは、クラミジアトラコマティスという病原菌によって引き起こされる感染症です。カンジダ症との違いは、まず原因がカビ菌か病原菌かの違いによります。
性病の中でも最も多いのがクラミジアです。男女ともに感染し、自覚症状がないまま進行していきます。ただし、その影響は女性の方が深刻で、子宮頸管に感染したまま放置すると、卵管炎が起こって、不妊症や子宮外妊娠をする危険性があるのです。症状としては、おりものが増えたり、黄色くなったりします。不正出血や軽い生理痛のような痛みを感じることもあるので、自分のためにも、パートナーのためにも、早く正しい治療を受けるようにしましょう。
激しいかゆみなどの症状がわかりやすいカンジダ症と比べ、クラミジアはいつ病原菌に感染したのかわかりにくいものです。予防のためにもコンドームを正しく使いましょう。自分が完治しても、パートナーによって再発する可能性もあります。二人同時に検査、治療を行ってください。

おすすめ記事